トラック運転手の労働時間

かなた

現役トラックドライバー年表

バブル崩壊後の氷河期世代
派遣飽和&派遣切り
リーマンショック
東日本大震災
新型コロナ
半導体不足
世界的ロックダウン部品供給ストップ
緊急事態宣言

次に、起こる出来事とは

かなたをフォローする

自分の経験からだと平均12時間拘束

そもそも、運送業に残業っていう概念が無いです。

「今日忙しいから残業お願いしますねー」

とか、そういうのは無く

12時間労働が基本だと思っていて間違いないです。

 

時にはには16時間もあり、

何も無ければ午前中だけやって帰ることもあります。

昔みたいにやれるだけやる!稼ぎまくってやる!

っていうことは出来なくなっていて、1日の拘束時間は

 

原則として13時間以内
最大16時間の延長が限度
1日の拘束時間が15時間を超えとることができる回数は1週間につき2回が限度です。
1日の休息期間(次の日の仕事まで)は継続8時間以上必要となります。

 

 

これ以上はやっちゃ駄目ってことですね。

ただ、会社的にはここまでやらせても良いんだって言う風にとってしまいギリギリまで

配車を組まれてしまうのが普通です。

配車を組む人の力量、ドライバーさんとの相性、好き嫌いもあるかなぁ?

あと、ドライバーさんの仕事の向き不向き、その時の仕事量や仕事内容で時間や給料が

変わっていく感じです。

 

それでも1日12時間くらいは働かないとそれなりの給料にはならないので

仕方ないところではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました