「auPAY」「auPAYプリペイドカード」の二刀流の使い方

かなった
かなったをフォローする
auPAY

数あるバーコード決済の中から自分はauPAYを選びました。auという名が付いてはいますが、auユーザーじゃなくても利用ができるこのauPAY。

実際docomoユーザーであった自分が、なぜauPAYを利用し、他のpayを利用することを辞め、19年継続利用していたdocomoも辞めてしまうくらいの使い勝手の良さに感動してしまった。

「auPAY」「auPAYプリペイドカード」の二刀流で自分なりの使い方の説明をしていきたいと思います。

auPAY

スマホのアプリで管理して使うバーコード決済

他のバーコード決済と同様にレジなどの端末にかざして決済を行います。

メリット

  • 現金を使わずに素早く決済が出来る。
  • 財布いらない、かさばらない。
  • 購入情報が履歴に残せる。

 

デメリット

  • バーコード決済に対応していないお店がある。
  • 前もってチャージ(入金)が必要なので、コンビニATMなどに行かなければならない。
  • 他のバーコード決済は使えるが、auPAYが利用出来ないお店もまだまだある。

 

このデメリットを解消するには

「auPAYプリペイドカード」

バーコード決済が利用出来なくても、クレジットカード利用の様に使えるauPAYプリペイドカードは、国際ブランドであるマスターカードが利用できるお店であれば、クレジットカードの様に利用することが出来ます。

auPAYのマークが付いているかな?このお店使えるかな?っていうめんどくさい作業は無くなります。

私は、auPAYプリペイドカードを利用して実際のリアル店舗だけではなく、ネット決済でも利用しています。

Amazonやニンテンドーオンライン、PlayStationストア等

 

メリット

マスターカードの使えるお店で利用可能

「auPAY」「auPAYプリペイドカード」は連携しているので同じ残高から利用されて管理が楽。

プリペイドカードなので前もってチャージ(入金)する方式。利用したい分だけチャージしておけば使いすぎを防ぐことも出来るし、落とした無くした場合も損害を少なくすることが出来ます。これが良い。

「auPAY」「auPAYプリペイドカード」二刀流の自分なりの使い方を説明していきました。

まだまだ、いろんな使い方が見つかりそうなので更新して情報を提供していきたいと思います。

使ってみたいっっ!

auユーザーでなくても利用することが出来ます

「auPAY」「auPAYプリペイドカード」は入会金、年会費もゼロです

auPAYプリペイドカードなら全国のマスターカード加盟店で使えます

プリペイド式(前払い入金)なので、支出コントロールが出来ます

Pontaポイントが付きます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました