参考の一畳書斎。エアコンが無い書斎と快適をつなげる最適な窓。室内窓編

かなった

辞めることで、次をさがし
捨てることで、次を見つけ
逃げることで、次につながる
目指すことは、好きなことを続けていくこと

かなったをフォローする
おうち

一畳書斎。

決して広いとは言えない

狭い室内にこもるため

その書斎で長く過ごす為に必要なのは快適かどうか

その1番の問題は室温である

春、秋なら問題はない

冬も問題ない。この狭い空間、小さいヒーターで十分暖かく過ごせるからである。

問題は夏。

最近の夏の暑さは尋常ではない。

窓を開けたくらいでは快適さは得られない。

窓とドアを開けて風通しを良くすれば良いと考えるが、涼しく感じるのは最初だけ。暑い空気が入ってくるだけである。

では、どうするのか?

エアコンを付ければ解決します。

でも、ここは一畳書斎

この一畳の空間にエアコン。さすがに贅沢だと思う。

では、どうするのか?

そこで室内窓という選択である。

うちの事例で話します。

うちの一畳書斎は隣にリビングがあり、寝る時以外このリビングは常にエアコンを稼働させています。最近よく言う付けっ放しの方が電気代が安く抑えられるというヤツです。

なのでこのリビングの快適空間を室内窓を通してお裾分けしてもらおうという、こズルい、貧乏ったらしい貰いかたをしています。正直これで十分に快適です。

なぜなら一畳だから

狭いからこそ、すぐに冷え、すぐに暖まります

この選択肢は一部にしか当てはまらないと思うが、ハマればこれ以上ない良い選択になると思う。参考になるかはわからないが、頭に少しでも入れといて貰えれば嬉しいです。

この室内窓

自分は、椅子に座った時に目の高さに合う位置に設定してもらいました。それは、クルマと同じ様な感じを想像し、コックピットの様な、運転席の窓の様な感じを出したかった。

前にはディスプレイ

横は窓で、開ければ快適な空間がつながる

窓はあえて大きくなく、高さもないが、横は長く。

自分の選んだ窓は

DAIKEN室内窓マドモ 引き戸タイプ

室内窓マドモ 引戸タイプ|DAIKEN-大建工業

他にも室内窓の種類はたくさんあります。

ご自分の部屋に合った窓を探して、見つけて、取り付けられたその部屋は、最高の空間になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました